スポンサーサイト

  • 2018.02.15 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    出会い系男 File No.3 偽名男

    • 2018.02.15 Thursday
    • 15:37

    出会い系男 File No.3 偽名男

     

     

     

     

     

     

     

    さてさて、このシリーズでは軽度

    の関係の男の子たちをプロファイルしているわけですが、

     

     

     

    彼は私が出会ったTinder Boysの中でも一番善良だったと思われます。

     

     

     

     

     

     

    R君は、私と同い年。

     

     

    アプリ上でやりとりした後、LINEへ移行。

     

     

    よくリアルタイムでしゃべる感じでやりとりしていました。

     

     

     

    こんなに会話続く人は初めて!!!

     

     

     

    みたいな感じで、私への思い入れも強かったよう。

     

     

     

     

     

    個人的な意見ですが、

     

     

    文章だけのやり取りなので、お姫様のようにツーンとしてるよりは

     

     

     

    相手を文章で笑わせるだけのユーモアが大事ですね。。。

     

     

     

     

     

    そのうち、

     

    「あれw R偽名やねんw あれやってんのあんま知られたくなくてw」

     

     

    「ほんまは◎◎って名前やねんw」

     

    「嘘ついててごめん悲しス。

     

     

     

    謝るにしてはwが多いけども、まあ正直に言うたからええか。

     

     

     

     

     

     

    そんなこんなで、

     

     

     

    一回の返信につき、お互い5個くらい吹き出し送ったり、、、

     

     

     

    写真を送りあったり。。。

     

     

     

    みたいなことを続けておりまして、

     

     

     

     

    ある日ですよ、

     

     

    「なーなーもし嫌じゃなかったらチョットだけ通話しよ!あかん?!>_<w」

     

     

     

     

     

    見た目体育系のR君なんですけど、うさまるスタンプ!(きゅるるん)

     

     

     

    こうして、そんな彼とは次第に電話をする仲に。

     

     

     

     

    顔もきゅーとな高身長boyが

     

     

    バイトの前後とか

     

     

    休憩中とか報告あんど連絡してくるようにゆう★ゆう★ゆう★

     

     

     

     

    そして花火大会に一緒に行く約束を取り付けました!!!

     

     

     

     

     

    しかーし、そこはチョロ。

     

     

     

    初めて会うやつと花火大会?!?!

     

     

     

     

    深く考えていなかったわけですよ。

     

     

    男の子と花火見る〜〜〜 青春〜〜〜(^^♪ みたいな

     

     

     

    何歳やねん。。。

     

     

     

     

     

    ちょっと不安になった彼から連絡が。

     

     

     

     

    花火の前に 飯食わへん??

     

     

     

    。。。

     

     

     

    翌日の早朝出発で旅行に行く予定だったので

     

     

    泣く泣く断念。

     

     

     

     

    ドライブくらいだったらいいよ、ってことで

     

     

     

    車で迎えに来てくれました!!!

     

     

     

    まあ田舎で何もなかったので、

     

     

     

    近くの公園へ。

     

     

     

    でも何もない。

     

     

     

    「家で映画みよや」

     

     

     

    突然の一言。(経験値から不安しかない。)

     

     

     

    しかも明日は旅行。

     

     

     

    とりあえず私の家に帰り、一緒に映画を見る。

     

     

     

    「じゃ、俺帰るわ。ありがとな」

     

     

     

     

    満面の笑みで帰っていきました。

     

     

     

    家に来て何もない紳士男子を初めて見た。

     

     

     

     

    その後、家に着いたよLINEと電話がはーと

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここまで読んでいただければもうお判りでしょう!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この彼と進展、、、なはずなんですが、、、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    彼に会わないまま短期留学へ旅立った私_| ̄|○

     

     

     

     

     

    そして留学中に違う人に恋に落ちちゃいました♡あは

     

     

     

     

    まあ、彼は彼氏って感じとはなんか違ってたんですねきっと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかも、また連絡するつってそのご音沙汰なし。

     

     

     

    有言実行できな人はダメですね☆

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *ちなみに花火大会は、彼のスケジュールミス(バイト)でキャンセル

     

    (ホントかなあ。。。)

     

     

     

    今となっては連絡取ってないし、どうでもいいですけどね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    出会い系でいた日本人図鑑

    • 2018.01.27 Saturday
    • 21:26

    出会い系でいた日本人図鑑

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛テクニック

     

     

     

     

    さてさて、実際に会ってきたTinder boys。

     

     

    もう記憶も定かではないので、簡潔にさくっと見ていきましょ。

     

     

     

     

     

     

     Aっくん

     

     

     

    私が出会って中で一番イケメンのAっくん!

     

     

    よく自撮りが送られてきました。

     

    (きっと自分でもイケメンなことわかってたんだろうな。。。)

    (でも、それに喜ぶちょろいわたし。。。)

     

     

     

    見た目のチャラさとは裏腹に、敬語で話してくれたり、

     

     

    将来設計とか意外とまじめな話もして、

     

     

    おおお!!! これいけんじゃね??? (期待)

     

     

     

     

     

     

    そんなある日、

     

     

     

    「俺そっちまで行くから一緒にご飯行こうよ」

     

     

     

     

    とお誘いが。

     

     

    1回断ったんですけど、もう1回誘われたので承諾。

     

     

    中間地点で会おうって言ったんですけども、

     

     

     

    や、俺そっちまで行くし大丈夫。不安

     

     

     

     

     

    仕事終わったのが遅めで、それでも来るというので到着したのが9時とか。

     

    (確か終電は11時とかだった)

     

     

     

    最寄りまで迎えに行くと、

     

     

     

     

    あれれれれれれ。

     

     

     

    写真盛れてたんだね。

     

     

    それでも、まあ悪くはない。うmm

     

     

     

     

    遅くなってごめんね。 ご飯食べた?

     

     

     

     

    実はもう来ないだろうと思って食べてた私。

     

     

     

    じゃあコンビニで何か買うからさ、家で一緒に映画見ようよ

     

     

     

     

     

     

    不安しかない。

     

     

     

     

     

    でも片道1時間以上かけてきてくれたし、あるはずない良心が痛むちょろ。

     

     

    そう、わたしは ちょろ!!!

     

     

     

     

     

    家に到着。

     

     

     

     

    腹ごしらえをして、ベッドにパソコンと共に寝転がるちょっと残念なイケメン。

     

     

    俺さ、いっつもこうやって見るんだよねー

     

     

     

    とおもむろに電気を消した。

     

     

     

     

    私の腰に手が回る。

     

     

     

    てかめっちゃ体くっつけてくる。

     

     

     

     

    ここで、ちょろは悟りました。

     

     

     

     

    こいつもかあああああああ。

     

     

     

     

     

    そうです、わたしが悪かったんです。 信用したわたしがね??

     

     

    夢見たかったんですよ TT

     

     

     

     

    本気で抵抗したけど本気で入れようとするA氏。

     

     

    「映画見ないの?」

     

     

     

    1回見たから。

     

     

     

     

    いや、わたしが見てるやん??

     

     

     

     

     

     

    まじこいつクソやんけーーーーー。

     

     

     

     

    とりあえずゴムだけは、これだけは、、、、、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    終。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    後日談。

     

     

     

    後輩に彼の写真を見せたら、

     

     

    「先輩、こんなイケメンと?うらやましいっす」

     

     

    と言われた。

     

     

     

    後日談2

     

     

    この話を図鑑△ i 君にしたら、

     

     

    「あー、ザイル系って自分本位でやるって言うよね」

     

     

     

    そーなのか??

     

     

     

    まあ気を付けるに越したことはない、と悟ったちょろであった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    出会い系でいた日本人図鑑

    • 2018.01.14 Sunday
    • 17:27

     

    出会い系でいた日本人図鑑

     

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛テクニック

     

     

     

     

     

    明けましておめでとうございます。

     

    年明けちゃいましたね。。。

     

     

     

    でも、続けて去年のティンダーboysを振り返りたいと思います!

     

     

     

     

    2. i 君

     

     

     

    i君は、私立大生で年はわたしと同じでした!

     

     

    絵に描いたような、うぇいうぇい系

     

     

    そんなi君とはたまに電話で話す関係でした。

     

     

    どちらも旅行好きでそのお話しをしたり、

     

     

    今までの恋愛を話したり。。。

     

     

     

    電話したまま次の日を迎えたり、、、なんてことも。

     

     

     

     

    とにかく聞き上手で人懐っこい i 君!

     

     

     

    出会って1ヶ月半くらいで会うことになりました。

     

     

     

     

     

     

     

    ここで、お伝えしたいことがあります!!!

     

     

     

    ご飯を食べるときは、家から距離のあるところで食べましょう。

     

     

     

    なぜならこの i君!!!

     

     

     

    「あんまりお腹空いてないから、家でなんか作ってよ」

     

     

    「今日忙しくてさ、汗めっちゃかいたからシャワー借りていい?」

     

     

    挙げ句の果てに、

     

    「部屋着ある? もう帰るの面倒くさくなったから泊まっていい?」

     

     

    そして眠りにつく私たち。。。

     

     

     

     

    おもむろにチューし始めるi青年。

     

     

     

    かわす私。

     

     

     

    バトルの始まり。

     

     

     

    そして一言。

     

    「分かった。もういいよ。俺のこと男として見てないってことでしょ?」

     

     

     

    「そういう訳じゃないけど」

     

     

     

     

     

    おもむろに体を起こし私にかぶさる i 少年。

     

     

     

     

     

    あれあれあれ〜〜〜〜〜〜

     

     

     

    と思う間に。

     

     

     

     

    これがチョロばやしと言われる由縁なのですよ。

     

     

     

     

     

    みなさん!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

    会った日 → ベッド

     

     

    彼女にはなれない 悲しス。悲しス。悲しス。

     

     

     

     

     

     

     

     

    まじで吐きそう。

     

     

     

     

     

    でも紛れもない事実。

     

    (あくまでね、ちょろはね? ちょろの話だからね?)

     

     

     

     

     

    去年1年でちょろが悟ったことです。

     

     

     

     

     

    ネットでセカンドガールから脱出する方法を検索しまくりましたが

     

     

     

     

    悲しきかな、わたしにはその技術はございませんでした。

     

     

     

     

     

     

     

    後からi君に言われたひと言。

     

     

     

    「簡単にやる女にロクなやつはおらん!」

     

     

     

     

     

    じゃあ仕掛けてくんなよ💢👊

     

     

     

    まじグーパンやぞ!!!

     

     

     

     

     

    それ以来、連絡は取ってくれましたが、会うことはありませんでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

    後日談。

     

     

     

     

     

    i 君の大学の文化祭へ行ったちょろのストーリーを見た彼から連絡が。

     

     

     

     

    「えー、来てた?!言ってよーーー!」

     

     

     

    ???

     

     

     

     

     

     

    実はもし会ってしまったら嫌だなと思ってたちょろ。

    (会いに行ったわけではありません。)

     

     

     

     

    なぜならその時、韓国人の彼氏ができていたのでーす!

     

     

     

    (この話については次回)

     

     

     

     

     

    とりあえず、彼氏ができたことを報告。

     

     

    「じゃあi君も元気でね」

     

     

     

     

    と、送信し、連絡先削除〜〜♡

     

     

     

     

     

     

     

     

    めでたしめでたし☆

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    出会い系でいた日本人図鑑(,韻辰海λ楜ぅ癲璽)

    • 2017.12.27 Wednesday
    • 18:38

    出会い系でいた日本人図鑑

     

    JUGEMテーマ:恋愛テクニック

     

     

     

     

    お久しぶりです。

     

    最近、たくさんの方々に見てもらえているようでとても嬉しいチョロです。

     

     

    さて、2017年もあと少し。

     

    そこで、今年実際に出会った人(日本人)をまとめてみようと思います。

     

     

    まあ、一言で言うと、

     

     

    もう全員と連絡取ってません!

     

     

     

     

    あれですね、

     

    日本人て       ネットでの出会い=ヤリモク      みたいなとこがあるんですかね。

     

     

     

    そんなのしか出会えなかったチョロです。

     

     

    幻滅したくない人は見ないでくださいね。

     

     

     

     

    1. D君 (社会人成り立て)

     

     

    わたしが元カレと別れてすぐに出会いました。

     

    向こうも遠距離になって別れたみたいで、電話して意気投合。

     

    すぐに会いに行くチョロ。

     

    そしてお泊まり。。。

     

    それから気づけば都合のいい女になってました。げろげろぐすんぐすんぐすんぐすんぐすんぐすん

     

     

    ちなみに、彼女と別れたと言うのはウソ!!!

     

     

    わたしと並行で続いてたし、わたしの他にも出会い系で出会った女6人くらい遊んでたな。

     

    通話してたとき、「あ、お母さんから電話だ」は、おそらく彼女からだったんだろうなあ。しみじみ。

     

     

    結局、彼女とは別れたから付き合ってって言われたけど

     

     

    わたしは信じられず、、、

     

     

     

    そして、その告白の1週間後に電話が。

     

    「ちょっと悩んでることあって、聞いてほしい」

     

    「やっぱりさ、元カノが一番俺のこと分かってくれてると思ってヨリ戻そうと思ったんだよね」

     

    「そしたらさ、元カノには新しい男ができてて、10歳くらい上でさ、会った初日にホテル行ったらしい。

     

    オレ5年付き合ってたけど、彼女がそーゆーのは結婚まで嫌って言ってたから我慢してたのに。」

     

     

     

    いやいやいや!!!!!

     

    知らんがな!!!

     

     

    ほんで、なんでうちに言うんや!!! ばかたれ!!!

     

     

     

     

     

    おっと、すみません。思い出すと腹たってきて。

     

    この後、電話越しに怒鳴りながら説教しました。

     

    向こうは半泣き。笑笑

     

    ブロックして連絡先消して終わりましたけど、こっちの傷もハンパなかったですね。。。

     

     

     

     

     

     

    その後、1ヶ月くらい出会い系も辞めたんですけど、

     

     

    やっぱりまた寂しくて、、、

     

     

    ついつい手を染めてしまうんですkyu汗

     

     

     

     

     

    なんか、ひとりめが重かったので分けて書きますね〜

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    実践者が語る、出会い系で良い男を見分けるポイント

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 01:14

    実践者が語る、出会い系で良い男を見分けるポイント手

     

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛テクニック

     

     

     

     

     

    さてさて、

    今回はネットで出会いを探し始めるにあたって注意しておきたいポイントをご紹介したいと思います。

     

     

     

     

    ちなみに、ちょろはこれまで数々の男たちのプロフィールを見てきました。

     

    その数、軽く3000人以上。。。

     

     

    さて、ここで最近、日本の男の子に流行っているものを言っていきましょう。

     

     

     

    ずばり、

     

     

     EDM ・ 古着 ・ 猫        です!! にゃお。

     

     

    プロフを見ていて、10人にひとりくらいはどれか入ってたんじゃないかな。

     

    (実際にネットで出会った男の子に聞いてみると、猫は女受けがいいらしいから書いてる、なんて話も)

     

     

    参考程度に。

     

     

     

     

    それでは 本題へ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ポイント その1:人は見た目が100%!!!

     

     

     

     

    さて、まずみなさんが目にするのはお相手のプロフィールですよね。

     

     

    見た目、というのは就職活動でいうエントリーシートのようなものです。

     

     

    ここでは、二通りの見方があります。

     

     

    1.イケメンだけを抽出

    2.生理的に無理以外を抽出

     

     

    ちなみに、ちょろは1を実践していました。

     

     

     

     

     

    が、、、

     

     

    イケメンで痛い目を見てからは2もありかな〜と思うように。。。

     

     

    ともあれ、慣れてくれば一瞬でYESかNOか判断できるようになりますので。

     

     

    ここで注意しておくことは、

     

     

    相手も盛り盛りの写真を使っている!ということです。

     

     

     

    目だけを載せている方も結構いらっしゃいましたけど、、、

     

     

    人間、誰でも目は綺麗なんですね〜〜〜 (意味深)

     

     

    伏目がちな写真、横顔、帽子、サングラス、写真が一枚しかない等々、、、

     

     

     

    自分の中で理想が膨らむだけですのでご注意を。

     

     

     

     

    ちょろはタイプの顔じゃなければ、基本、写真を2枚以上載せている方を選びます。

     

     

    あとは、顔全体がきちんと写っているか。

     

    (きっと顔に自信のある人は載せているはずだから、、、)

     

     

    筋肉自慢の写真を載せている人は体目当てかな、という偏見があるのでパスしています。

     

    そもそも癖が強そう。(あくまでちょろの見解ですけど)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ポイント2:自己紹介文をチェック!!

     

     

     

     

    お次は中身ですね〜。

     

     

    だいたいプロフィールには好きなことを書いていると思うので、自分と趣味が合いそうかどうかをみましょう!

     

     

    ここで問題なのが、プロフィールに何も書いていない人!!!

     

     

     

    これは一体どういう理由なのか、ちょろにもわかりません。

     

     

     

    推測するに、

    1.面倒くさい

    2.始めたばかりで何を書いていいかわからない

    3.やりもく(体だけだから、趣味を教えあう必要がない)

     

     

    こんなところでしょうか??

     

    もし他に理由ありましたら、ちょろまでご一報ください。

     

     

     

     

    いづれにせよ、ちょろはタイプの顔以外はLIKEしません。

     

     

    仲良くする気あるのかな〜って思っちゃうわ。。。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ポイント3:一言目をチェック

     

     

     

     

    さあ。お互い連絡が取れる状態になったとしましょう。

     

     

    このとき、ちょろは自分からは連絡しません!!!

     

     

     

    もし相手が自分に興味あるなら、連絡は向こうからしてくるはずです。

     

     

    そして、その中から選んだほうが、効率がいいのです。

     

     

     

    今までに会った人はすべて、最初のメッセージは向こうからでした。

     

     

    こっちから言って軽い(つまりはやれそう)と思われるのも癪ですからね。

     

     

     

     

    では、なんとメッセージが来るのでしょうか。

     

    例を挙げてみましょう。

     

     

     

    1.こんにちは。マッチありがとうございます。○○です、よろしく^^

     

        →普通です。敬語を使ってるので、礼儀正しいという点でポイント矢印上

        ただし、会話にユーモアがなく後々返信に困ることも。

     

         結論:返信して様子を見ましょう

     

     

     

     

    2.写真、かわいいですね。着物美人さん。

     

        →要注意初対面で容姿をほめてくる人はなぜかヤリ目が多いショボン

        ただし、自分のタイプであればもちろんガンガン行ってよし。

     

         結論:もっといい人を探すことに時間を使いましょう

     

     

     

     

    3.こんにちは。○○好きなんですね。俺も○○なんですよ。

     

        →好意的◎ 共感してくれているという点で、仲良くしようという意思が見えますね。

        今後会話が盛り上がりそう矢印上矢印上

     

         結論:話を楽しみましょう

     

     

     

     

    こんな感じでしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    余談ですがちょろの場合、

     

     

    出会って間もない段階で甘い会話が始まると、その人との仲は発展しません。

     

     

     

     

    まあ、ネットで会話を初めてすぐ(目安は2週間以内)に口説くってナンパですからね。

     

     

    甘い言葉を言われて舞い上がってしまうかもですが、注意ですよ〜!!

     

     

     

     

     

     

     

    あと、あるあるなのが「何て返していいかわからない」という状況です。

     

     

    これはちょろの友人の言葉をお借りして、

     

     

     

    それは その男が面白くないだけだ!!!

     

     

     

    要するに、自分とは合わないということです。

     

     

     

    楽しい人となら、「もっと話したい、もっと知りたい」こういう気持ちから会話は自然と弾むと思います。

     

     

     

     

     

     

     

    大切なことは、その人に執着しない!!! ということですよ。

     

     

     

     

     

    ちょろは執着していっぱい失敗しました。

     

     

    その人でなければいけない理由って、ひとつもないんですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それでは、楽しいネット恋活を〜Docomo80

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そこまで出会いがないなら、最終秘密兵器を投入せよ

    • 2017.08.21 Monday
    • 18:30

    出会い系アプリを始めてみよう!

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛テクニック

     

     

     

     

    みなさんこんにちは。

     

     

    現役女子大生のちょろです。

     

     

    女子大のわたしにとって、異性と出会うというのはと〜〜〜〜〜〜っても大変なことなんです。

     

     

     

    サークルに入っていれば、、、、、、

     

    飲食でバイトしていれば、、、、、

     

     

     

    まあきっと、努力をすれば出会えるとは思うんです。

     

    でも、今更サークル入ったり、バイト探したりって、、、ねえ?

     

     

    社会人の方だったらもっと新しい出会いが難しいんじゃないでしょうか。

     

     

     

     

     

     

    さて、そんなあなたに出会い系というアプリの始め方をお教えします。

     

     

    ちなみに、ちょろはTinder歴半年実際に会った人数は6人。(おそらくもうすぐ7人。ふふふ♡)

     

     

     

     

     

     

     

     

    Step.1 出会い系に登録しよう!

     

     

     

    まず初めに悩むのは、どのアプリにするかですよね。

     

    ちょろはTinderを始める前に○○○チャットというアプリをやってました。

     

    しかし、なんとなくヤリ目が多い。。。気がする。。。

     

     

    その時のちょろは遠く離れたところに住む受験生boyとチャットしてました。

     

    離れているからこそ会わないという安心感がありましたよね。

     

     

     

     

    さて、それを踏まえて言えることは、

     

     

    他のSNS、電話番号、などと提携しているアプリが安全!!!

     

     

    誰でも登録できるアプリはちょろもまだ怖いです。

     

     

     

    ちょろはfbで登録していますが、fbのほうで出会い系をやっているという情報は一切出ませんので安心です。

    (たまに友達の友達が出てくることもあります、(笑))

     

     

    しかし、課金アプリはあまりおすすめできません。

     

    ガチ感が強く、あまりイケメンがいませんでした、、、(ちょろの個人的見解です)

     

     

     

     

     

    Step.2 写真を撮ろう!

     

     

    さて、登録してまず行うのはプロフィール設定ですよね。

     

     

     

    ここで大切なことは、

     

    盛り盛りの写真を使うことです!!!

     

     

     

    これにつきます。

     

     

    できれば、プリクラ・Snowの使用は控えましょう

     

     

     

    ちょろの男友達である通称:お騒がせセレブ君(出会い系ユーザー)曰く、

     

    プリクラ・Snow女子は地雷だと思われるようです。

     

     

     

     

     

    ただ、Tinderでは相手にLikeされないと始まらないので、使うなとは言いません!

     

     

     

     

    そしてもし、他の女の子のプロフィールが見れるなら、ぜひ参考にすることをお勧めします。

     

     

    自分がどんな女の子と共に陳列されているかを知ることは、マーケティングの上で重要です。

     

     

    ちなみに、ちょろは着物を着た時の写真を設定していました。(結構釣れました!)

     

     

     

     

    顔の一部だけを隠すのもちょろ個人的にはあまりお勧めできません。

     

     

    顔を隠す人ってなんか警戒しちゃうんですよね。。。

     

     

     

    でも、自信ない!とか、やってるのばれたら恥ずかしい!

     

     

    そんなあなたに朗報ですて

     

     

    プロフィールに一言「仲良くなったら顔見せます」と書いておきましょう。

     

     

    理由もつけておけば、相手の警戒心もうすくなると思います。

     

     

     

     

     

     

    Step.3 プロフィールを書こう

     

     

     

    ここで大切なことは、長すぎず、できるだけ情報を伝えることです。

     

     

    人は共感することで親近感を得るといいます。

     

     

    自分の好きなこと、やってみたいことをじゃんじゃん書き出しましょう。

     

     

    ユーモアな一言が言えるともっといいと思います。

     

     

     

    あとは、なぜ出会い系を始めたか理由も書きましょう。相手の警戒心がとけますペコちゃん

     

     

     

     

    だって、もしイケメンが出会い系にいたら、思いませんか?

     

    「え、こんなイケメンがなんで出会い系にいるの?なんか裏があるのでは...?」と。

     

     

    そんなとき「理系なので男ばっかりで、出会いがなくて始めました」って書いてたら、ちょっと安心しません?

     

     

     

     

     

    Step.4 気長に待つ!

     

     

    さあ、あとは相手からのメッセージを待つだけですね。

     

    焦らず、気長にいい人を探しましょう。

     

     

     

     

    次回、出会い系でどうやっていい人を見つけるか書いていきますね〜星

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *お楽しみに

    出会い系男 File No.2 国立大生面接男

    • 2017.08.17 Thursday
    • 16:26

    出会い系男 File No.2

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛/結婚

    JUGEMテーマ:出会い系サイトの体験談

     

     

     

    さてさて、お次に出会ったのはかの有名な国立K大生

    (高学歴でも出会いがなくて困ってるんだなあ)

     

    ちなみに同い年でした。

     

     

     

     

    実は、彼とのマッチは2回目

     

    というのも、ちょろは一度「こんなものに頼っても無意味だ」とアプリのアカウントを削除

     

    しかし、女子大の私がしゃべる相手といえば、家族・バイト先の店長やマネージャー・店員さん。。。

     

     

     

    か、か、悲しい〜〜〜!!

     

     

    ということで舞い戻ってきたのでした〜ペコちゃん拍手

     

     

     

     

     

     

     

    ちょろ「 久しぶりなんだけど覚えてくれてるかな?」

     

    K 「久しぶり!覚えてるよ!結局ご飯行ってなかったしご飯いこ!」

     

     

    おぉ〜!!!

     

     

    ということで、会うことになりました。

     

     

     

     

     

     

     

    そして当日。

     

    ちょろは、まさかの遅刻

     

     

     

    やばい、マナーがなってないやつだと見下される、、、

     

    そんな心配をしながら待ち合わせ場所へ。

     

     

     

     

    ちょろ「ごめんね、遅くなってー」

     

    K「ううん、大丈夫」

     

     

     

     

    怒っている様子もなく、一安心

     

    思っていたよりもおとなしい人でした。

     

    一緒に近くのスタバへ。

     

     

     

     

    ちょろ「Kくんは方言じゃないんだね」

     

    K 「方言使うと馬鹿にされるからさ、標準語になっちゃって」

     

     

    こんな他愛のない会話を繰り広げていました。

     

     

    ちょろ「友達はベンチャー企業は親が心配するからやめとこって言ってるんだけど、Kくんはどう思う?」

     

    K「他人の意見気にしてたらベンチャーではやっていけないよ」

     

     

     

     

     

    話を聞いていると、Kくんは意識高い系でした。

     

     

     

    話の内容としては有益でしたが、この人とどうこうなる気が全くしない。。。

     

     

     

     

     

     

     

    そして2時間くらい経って、

     

    K 「そろそろ行こうか。帰って仕事しないと」

     

     

     

    (え〜、2時間だけカフェでお茶って見合いの席かよ。)

     

     

     

     

    K 「また、こっちまで来たらご飯とか行こうよ」

     

     

     

    ちょろは就活したことないけど、気持ち的には終始面接受けてる感じだったな。。。

     

     

    馬鹿だと思われないように頭使いながら話した。

    (進学校出身のちょろはプライドが高い)

     

     

     

    とりあえず、一次面接は合格ってこと?( ´∀` )笑

     

     

     

     

    とにかく、つかれたーーーーー!!!

     

    という感想。

     

     

     

    その後はお礼LINEをして、終了。

     

     

     

     

     

    もう連絡は取っていません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ☆今回の経験から学んだこと☆

     

     

     

     

     

    会うのと文面で話すのは全然違う!

     

     

    K大生はちょろ的にはNG!(進学校出身のちょろはプライドが高いのだ!)

     

     

    相手に気を使って話しすぎると、疲れすぎて次に進みたくなくなる。

     

     

     

     

     

     

     

     

    でも、

     

    コミュニケーション力を上げる練習にはいい方法かも・・・!?

     

     

     

    こうやって自分の好き嫌いを知るのも経験ですよね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *

    出会い系 File No.1 香港人

    • 2017.06.23 Friday
    • 22:22

    出会い系男 File No.1

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛/結婚

     

     

     

    元カレと別れて出会い系に走ったちょろ。

     

     

     

     

    そこで一番に目が留まったのがJ君でした。

     

     

    なぜなら、元カレと同じ香港人だったから。

    (はっはー、やってもーたな、ちょろよ)

     

     

     

    香港には少し詳しいちょろ、すぐに意気投合しました。

     

     

     

    ちょろ「香港の飲茶って最高だよね!日本でも食べれたらいいのに」

     

    J 「このへんに香港人のシェフがやってるお店があるみたいなんだけど、日曜行ってみない?」

     

     

    実はちょろはチキンなので、これまで一度もネットの人と会ったことはありませんでした。

     

     

     

     

    しかし、傷心中はどうでもいいやって気持ちになるのです。

     

     

    ちょろ 「おっけー。じゃあ日曜ね」

     

     

     

    当日。

     

    もっかい言いますがちょろはチキンです。ドキドキ高血圧になりながら目的地へ。

     

     

     

    い、いましたぁぁぁぁああああ!

     

     

     

     

    アップルストアの中に写真で見たことある人が!

    (手前のおじさんじゃなくて良かった)

     

     

    ちゃんと写真通りの人で安心しました。

     

     

    ちょろ「こんにちはー、初めましてー」

     

     

     

    なんて言いながら目的地の飲茶へ。今日の最大の目的です、わくわく。

     

     

     

    と、思ったら、

     

     

     

    OMG It is gone!!!

     

     

     

     

    なんとお店は閉店してました。

     

     

    中も何もありません。

     

     

     

     

    それから、私たちはブラブラと歩きふらっとカフェへ。

     

     

    ちょろ「こんな街中にある結婚式場よりはふたりっきりで南の島とかが理想かな〜」

     

    J 「覚えとくね」

     

     

    お?おおおお。

     

     

    その後はウインドウショッピングやら、食べ歩きやら、、、

     

     

     

     

    おそろいのミニーちゃんサングラスをかけてハイチーズ☆彡

     

    なんてカップルみたいなのでしょう?!

     

     

     

     

     

     

    さて時は夕暮れ、ふたりは居酒屋のカウンターで飲んでいました。

     

     

     

    話は次第に恋愛のことへ、、、、、

     

     

    「前の彼氏とはどうして別れたの?」

     

    「どんな人がタイプ?」

     

    「ふ〜ん」(にやにや)

     

    「・・・」

     

    「家この辺なんだけど、、、来る?」

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

    な〜んてことにはなりませぬ!!!!!

     

     

     

     

     

     

     

    普通に何もなく1時間ちょいかけて帰りました!(向こうはもっと遠い)

     

     

     

     

     

    久しぶりに英語で一日中話してたら、ぶっちゃけ途中で疲れて帰りたくなりました。ホームシック。

     

     

     

    そして、このデートコース、

     

     

    実は元カレと2か月前に来たところと全く同じ!

     

     

    元カレの未練だけを感じた一日でした。あーあ。

     

     

     

     

    (すっごく優しかったけど、結局顔がタイプじゃなかった、、、ごめんJ。)

     

    ((ちょろは何にも悪いことしてないけど。))

     

     

     

     

     

    ちょろい女が誕生するカウントダウン、始まりましたよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    日本人になるのは難しい...?!

    • 2017.06.20 Tuesday
    • 22:36

    日本人になるのは難しい?!

     

     

    JUGEMテーマ:気になること

     

     

     

     

     

    先日の授業で、アイデンティティについて勉強しました。

     

     

    私たちを日本人と思わせるものは?

     

     

    国籍? パスポート? 日本語が母語だから? 日本で育ったから? 親が日本人だから?

     

     

    アイデンティティは、はっきりしているように見えて実は曖昧。

     

     

     

     

     

     

    さてここで、

     

    日本人のアイデンティティに悩む友達の話をしたいと思います。

     

     

    彼女は就職活動中。

     

     

    外資系企業内定を 3つ 貰っています。

     

     

    そのうち 2つ 英語での面接でした。

     

     

     

     

     

     

    しかーし!

     

     

     

     

     

    これに対して、日本企業内定は  0 ゼロ。

     

     

     

     

     

    彼女は言います。

     

     

    「今まで日本で生まれて日本の教育を受けてきたのに、日本企業に受けいれられない。」

     

     

    「落ちたことよりも、日本人としてのアイデンティティを否定されたような気がして辛い。」

     

     

     

     

    彼女はカナダに1年間留学をしましたが、それ以外は日本で育ちました。

     

     

     

     

    「帰国子女でも、私より日本人らしいこがたくさんいる。」

     

     

     

     

     

     

    つまり彼女は、

     

     

    日本で育った日本語を話す自分日本企業認められず

     

     

    英語を話す自分 外資系企業認められたことで、

     

     

    自分の日本人としてのアイデンティティが分からなくなったのです。

     

     

     

     

    ここで重要なことは、話す言語ではありません。

     

     

     

     

    話す言語によって人格が変わるのです。

     

     

     

     

    留学経験者ならお分かりいただけると思いますが、

     

     

    たとえば英語だと、日本語と違ってまわりくどい表現はしません。

     

     

     

     

    すると、

     

    英語を話しているときはズバズバ言うのに、日本語を話しているときは控えめだなあ

     

    みたいなことが起こるのです。

     

     

    彼女はまさにそのタイプでした。

     

     

     

     

    例えば、友達がお菓子を食べているとき

     

    「食べる?」

    「あ、いいよ。大丈夫」

    「遠慮しないでいいよ」

    「じゃあ遠慮なく。ありがとう!」

     

    なんて光景を日本では見かけることがあるんじゃないでしょうか。

     

    一回断ることが暗黙の了解であり、礼儀正しい。

     

    なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、

     

    そのやり取り必要ないじゃん、面倒くさい、というのが英語圏の考え方です。

     

     

    大皿料理をみんなで取り分ける際、

     

    最後に一口分くらいよく残っていることがありますよね?

     

    ちょろはこれを「遠慮のかたまり」と呼んでいます。

     

     

     

     

     

     

    ちなみに、

     

    ちょろの日本人としてのアイデンティティが揺らいだのは、 

     

     

     

    留学中、どこへいっても日本人だと思われなかったことです。

     

     

     

     

    中国人、ベトナム人、マレーシア人、、、

     

     

    いろんな人に間違われましたが、一度も日本人だと思われたことはありませんでした

     

     

     

     

     

     

    そして、極めつけの一言が

     

     

     

    「日本人の女の子って、料理好きなんでしょ?」

     

     

     

     

    香港人の男の子でした。

     

     

     

    それは、国籍も性別も関係ないよ?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    日本人になるのって本当に難しいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちょろ女、出会い系アプリに手を出す

    • 2017.06.16 Friday
    • 20:44

    ちょろ女、出会い系アプリに手を出す

     

     

    JUGEMテーマ:恋愛/結婚

     

     

    元カレと別れたちょろ。

     

     

    友達に電話し、合席屋に行き、街コンに行き、、、

     

     

    ついに出会い系アプリ T*nder に手を出しました。

     

     

    (友達がやっててね、、海外でも人気って聞いたからさ、、)

     

     

     

     

     

    率直な感想は、、、

     

     

     

    1.高学歴な人がまあまあいる

    2.パッと見イケメンおるおる

    3.てかモデルとかおるおる

    4.外国人おるおる

    5.旅行好きおるおる

     

     

     

     

    友達は駆け出しのお笑い芸人とマッチしてたな〜

     

     

     

    意外とがっついてこない人が一定数いました!

     

     

    でも、いい人か悪い人かは自分で判断しないと。。。

     

     

     

    てことで、今までにあった人をレポートしていきたいと思います!